Share

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

About Interview

社名:大阪製罐株式会社
業種:製造業
創業:1948年
住所:大阪府東大阪市岩田町2丁目3番地28号
ウェブサイト:http://www.osaka-seikan.co.jp

取材日:20170608
インタビュアー:はーちゃん

大阪製罐さんはお菓子缶や工場用キャビネットを製造していらっしゃると思うのですが、主な商品を教えてください。

製缶分門では、海苔缶やお菓子缶、芳香剤缶などをつくっているんだよ。その中でもお菓子缶が売り上げの9割強を占めているんだ。

お菓子缶だけでなく、海苔缶や芳香剤缶などもつくっていらっしゃるんですね!

他社との違いと強みってなんですか?

金型の数が多いことかな。70種類もあるんだ。
お菓子の缶てね、色々形を変えられるんだ。

面積はこのままでも、高さは調節できるから価格が変わらず、色んな缶が作れるんです。

それだったら自分のオリジナルの缶が作れますね!!

缶の製造をしている会社が全国でみても少なく、地場産業ということもあり、もともとの競争が少ないんだ。

大体、全国で80弱の会社がありこんなにも金型が多いのが僕たちの会社の強みなんだ。

金型を作るのに1つおいくらかかりますか?

1つ500~600万円くらいなんだ。

お客さんのニーズに合わせた形が揃っているのであまりお金もかからず、要望に近いものを作ることができるんですね!

缶の魅力ってなんですか?

中身を守る事とお菓子を紫外線から守る事かな。
缶に入れるとお菓子の賞味期限が伸びるんだ。

商品の中身をだけでなく、缶パッケージの可愛さのおかげで商品を手に取っていただけることもあるんだよ。

缶に入れることによってどのくらい賞味期限が伸びるんですか?

普通に箱に入れた時に比べて1ヶ月ぐらいは長く日持ちするよ。

今までにどれくらいの種類の缶を作りましたか?

ミニゴーフルの缶だけでも200種類くらいあるからどれくらいつくったかわからないな。

最初は絵具のバケツから始まったんだ。そして、漬物の缶。
今はみんなもよく知っているお菓子屋さんの缶を作っているんだ。

私の大好きなお菓子の缶も大阪製罐さんが製造されているんですね!!

たとえばお菓子の缶以外ならどんなものを作りましたか?

ライブのグッズやギフト缶もつくったことあるよ。

幅広い種類の缶をつくっていらっしゃるんですね!

缶パッケージを街のお菓子屋さんにむけて販売する『お菓子のミカタ』というサービス知ったのですが、そのお菓子のミカタを始めたきっかけを教えてください。

2008年にリーマンショックで売上がガタ落ちし、当時の上司に「飛び込み営業に行ってこい!!」って言われて行ったんですよ。

「3,000缶からオリジナル缶作れます!どうですか~!」って、街のお菓子屋さんをまわっていて、ある日飛び込み営業に行った先のオーナーさんが「缶は好きやねんけど3,000缶はちょっと多すぎるわ。もっと店舗を増やせたら頼むかもしれへんから、お話しに来てくれてありがとう!」って、ちゃんと話聞いてくれて。

あのオーナーさんがいい人で、いつか使ってもらいたいなってずっと思っていたんです。

いよいよ自分たちでデザインして缶を作ろうってなったときにあのオーナーさんのために街のお菓子屋さんに使ってもらえるような缶を作ろうと思い始めたんです。最初は「お菓子のミカタ」という名前も野望もなかったんだよ。

そうなんですね…!!

最初は「お菓子のミカタ」という名前も野望もなかったんだよ。

オリジナル缶を作るには3,000缶からしか作る事が出来ないけど、街のお菓子屋さんでは3,000缶はいらない。だから僕らが自分たちで缶をデザインして、綺麗で、可愛く、楽しい缶を街のお菓子屋さんに向けて小ロット販売しているのが「お菓子のミカタ」なんです。

最初から「お菓子のミカタ」をしようと思って始めたのではなかったのですね。

そうなんだ。
その後も全国のお菓子屋さんに向けてニュースレターを送ることになったんだ。ニュースレターの載せる写真を撮影させてくれるお菓子屋さんを探していて、たまたま協力してくださったのが昔、飛び込み営業に行ったときに出会ったオーナーさんの別の店舗だったんだ。

その時に、お会いできて使ってもらいたいと思っていたオーナーさんに売り込みもせずに届いたんだ!

街のお菓子屋さんに喜んでもらうことを大切にされていて、とてもほっこりするお話ですね。

これからの目標はなんですか?

目標はたくさんあるよ。やりたいことは主に3つ。

1つ目はお菓子をモチーフにしたTシャツ作り。

2つ目はもっとお客様に知ってもらえるように映画を作ること。ほっこりした映画と面白い映画作ってyoutubeに載せたいんだ。

そして長編漫画を作ること。そうすることで、もっとお菓子のミカタに関心や興味を持ってもらえると思うんだ。

まだまだやりたいことはたくさんあるよ。フランスに行ってフランスの洋菓子屋さんで僕らの缶を使ってもらいたい。そして若江岩田にカフェを出したいなっていう夢もあるんだ。

なるほど。

カフェがオープンしたら絶対に行きたいです!!!

お忙しい中訪問させていただき、作業場から今まで作った缶を見せていただきました。
他社と比べて、金型が多くある強みを活かしお客様の要望により近い物を作る事が出来る事や、思わず手に取りたくなるような素敵なお菓子缶を生み出している事に私たちは魅力に感じました。

社長さんは本当に気さくな方で、次々に出てくるアイディアは素晴らしいものばかりでした。私たちも大阪製罐さんの缶の可愛さに魅了され、実際にお菓子屋さんに行き購入しました。

より多くの人に大阪製罐の良さを知っていただきたいです。